腹膜播種とは

腹膜播種は、腹腔内を転移経路とする最も予後不良な癌の転移形式の1つに挙げられており、胃癌・大腸癌・虫垂癌・小腸癌・卵巣癌・子宮癌、或いは、腹膜中皮種・腹膜偽粘液腫などから、日本では年間1万数千人に発生すると言われています。しかし、いまだ治療法が確立されておらず、そのほとんどが治療することなく、多くの尊い命を奪われているのが実情です。そこで本機構代表者が、1993年に腹膜播種の完全切除と腹腔内温熱化学療法を組み合せた術式を考案しました。その後、1998年に世界の腹膜播種専門医らと国際腹膜播種学会をロンドンで設立し、2005年の世界シンポジウムで、本治療法が腹膜播種にもっとも効果のある治療法として認められました。
私たちは、この治療法を完全なものにするために、ボランティア活動の一環として、インターネットでの呼びかけやフォーラムでの普及活動を行ったり、また、医師、研究者、患者の支援活動を行ってきましたが、この治療法を要望する患者数の増大に伴い、充分な対応が出来ない問題に直面したため、ボランティアでの活動に限界を感じ、法人化の申請を行うに至りました。法人化することで、支援活動拠点となる確たる組織ができれば、その活動をより一層効率的に機能させ、更に多くの医師、研究者、患者の支援活動が行え、広く社会に貢献することに寄与できると考えます。

理事長 米村 豊

インフォメーション

書籍販売

腹膜播種に対する腹膜切除アトラス

ISBN 9780-4-9906097-0-2

本体価格5000円+消費税(送料別)

腹膜播種に対する一般向け解説書

入会申込書

ダウンロードページ



完売しました。

特別賛助会員にご入会されますと『腹膜播種−最新の診断・治療』第2版を進呈します。
 

新着情報

2012/08/22 ボランティアのページと署名活動のページを作成
2012/04/14 動画配信
2012/04/06 ホームページ公開、スマートフォン対応
2012/03/25 ホームページ制作着手

 

活動履歴

1993年02月 腹膜播種の完全切除と腹腔内温熱化学療法を組み合せた術式を考案

1998年06月 世界の腹膜播種専門医らと国際腹膜播種学会をロンドンで設立

2001年04月 スキルスがんと腹膜播種を専門とするWebサイトをボランティアらと開設

2004年07月 第1回スキルスがんと腹膜播種フォーラムを開催

2005年05月 国際腹膜播種学会で代表者の腹膜切除術と腹腔内温熱化学療法を組み合わせた術式が、         

現時点でもっとも効果がある治療法として認められる。

2005年11月 第2回スキルスがんと腹膜播種フォーラムを開催

2007年09月 NPO設立総会開催

2007年10月 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(テレビ出演)

2007年11月 運用版用サイト開設

2008年02月 NPO設立

2008年07月 スーパーモーニング(テレビ出演)
2008年07月 100万人に1人「腹膜偽粘液腫」30代の患者 無事出産(新聞掲載)
2008年07月 どうしてもわが子に会いたい 母の一念、命つなぐ(新聞掲載)

2008年08月 腹膜播種-最新の診断・治療-第2版 販売開始 
2008年08月 NPO法人腹膜播種治療支援機構設立記念講演    
2009年01月 草津総合病院 第1回学術講演会のお知らせ                   
2009年02月 草津総合病院 第2回学術講演会のお知らせ                   
2009年03月 朝日新聞 東京版に掲載されました。 
2009年09月 播種性転移研究会開催

2009年09月 週刊少年マガジン/講談社:『ゴッドハンド輝』山本航暉氏
       5週にわたって腹膜偽粘液腫をテーマに米村理事長と当支援機構が紹介されました。

役員

理事長 米村 豊
副理事長 勝谷禎介
理 事 新保雅也
理 事 藤井満子
監 事 清水幸一

 

 

 

草津総合病院 腹膜播種センター

池田病院 腹膜播種センター
池田病院 腹膜播種センター

★スポンサースペース

webmaster

NPO法人

腹膜播種治療支援機構